断食ダイエットのすすめ > 断食ダイエットの効果 > 臓器がどんどん元気になる

断食ダイエットの効果

臓器がどんどん元気になる

断食ダイエットをしていると、臓器が元気を取り戻し、働きが活発になってきます。


まず、食べる量が減ることで、それらを処理する吸収、消化器官が休まります。そして、消化活動には大量の酸素が必要なのですが、それもいらなくなるため、肺も休まります。

さらに、こういった器官に指示を出している脳の負担も軽くなります。


食べるという行為は、こんなふうに体中のあらゆる器官に負担をかけるものです。食後眠くなるのは当然のことと言えます。

断食ダイエットをすることで、この負担が軽くなり余力が生まれます。

そうなると、体はこの余力を利用して、組織の復旧作業にとりかかるようになります。

体中のあらゆる部分が良くなってきます。
簡単にいえば、若返るということですね。

実際に断食ダイエットをすると、体重が落ちるだけでなく、血圧が下がったり、視力が回復したりということもあるようです。